葉隠勇進の特徴

【保育園】共に育ちあう豊かな『統合保育』

統合保育についての基本的考え方

私たちは、障がいの有無や程度に関わらず、すべての子どもたちに保育の場が保障されるべきことは当然のことであり、また同年齢の子どもたちと一緒に過ごす経験は成長に必須のものと考えます。

ただ単に、「障がい児も入園可能です」という場の共有に留まらず、障がいのある子もない子も、共に育ちあう豊かな「統合保育」を展開したいと考えています。

障がい児が保育者や親等の大人との関係性の中だけで育つのではなく、他児との関係性の中でこそ社会性や豊かな人格が育まれます。

子どもの障がい・発達・生活にしっかりと目を向け、生活や遊びを通して、他児との関わりを支援し、じっくりと内面を育みつつ、一人ひとりのかけがえのない人格を育てる保育に取り組みます。

一人ひとりの個としての発達を保障することと、集団としての発達を保障することとは相矛盾することではなく、総合的になされるべきものです。障がい児と共に育つことが、他児の健やかな発達に寄与し、園児一人ひとりの成長に資するグループダイナミクスの働く保育を追究します。

障がい児と共にある統合保育のための取り組み

障がい児を真に受け入れられる統合保育を実現するためには、保育者としての高度な専門性が求められます。
そこで、私たちは障がい児受け入れの有無に関わらず、すべての子育て支援事業所において下記の取組みをしています。

  • 多様性受容トレーニング
  • 人権研修
  • 発達障害研修

尚、子育て支援事業部に、障がい児教育の経験豊かな元特別支援学校校長が職員として在籍し、上記研修の他、個別児童の療育方法についての指導を行っております。

  • 障がいを持つ子どもと障がいのない子どもとの関係を育む
  • 園児の家族同士の関係を育み、統合保育の理念を共有する
  • 障がい児を受け入れるにあたって、障がい児の示している障害について出来る限り理解を深める
  • 具体的な子どもの観察を通して、個々のコミュニケーション特性に合わせた伝え方を工夫する
  • 個々の障害特性に合わせた環境設定をする
  • 保育園内だけで障がい児の保育を考えるのではなく、専門家を含む療育チームの一員としての保育となるよう連携を深める
    • 保護者との連携を密にする
    • 専門家との連絡を密にする(保護者の了解のもとに)
      • 保育園入園以前からその子どもに関わってきた医師、保健師等
      • 園医
      • 療育機関の専門職員
  • 障がいにとらわれず、子どもの全体の発達を促す

学童クラブ・放課後子ども教室・児童館等

障がいのある児童への対応について

障害のある子どもたちにとっても、大勢の子どもたちと過ごす時間は、成長に必須のものです。また、障がい児を持つ親にとっても、地域の子育て仲間との交流は大きな支えとして必須のものです。障害の特性に合わせて活動プログラムを精査し、設備や環境面を整えて安全に参加できるよう配慮します。そして、障害のある子どもとない子どもが共に遊び過ごすことで、参加児童一人ひとりの成長に資するグループダイナミクスの働く場を創造したいと考えます。

  • 一人ひとりの障害の内容を把握して適切に対応することができるよう、家庭や関係団体等と連絡を密にして連携を図ります。
  • 職員に対しては研修を実施し、指導力の向上に努めます。特に、発達障害等に起因する児童間のトラブルが起こりがちですが、発達障害についての正しい知識と対処法を身につけ、トラブルによる二次障害を防ぎます。
  • 職員研修として、社内の「発達障害研修」を実施しますが、外部専門機関による研修にも積極的に参加させます。さらに、専門家の巡回指導の際に受けた助言や指導を職員全員に共有し、知識の向上に努めます。
  • 要支援児の兄弟姉妹は、周囲からついつい保護者的な役割を期待されがちで、児童自身も自由に活動することを抑制してしまう傾向があることを念頭におき、のびのびと年齢相応の活動ができるように配慮します。

株式会社 発達支援ラボ ダンデ・ライオン.
ダンデ・ライオン.のホームページへ

ページの先頭へ