image
image

現場力

卵のカラ発見!

2018.06.02

給食で「ピザ風ココット蒸し」という料理を提供することになりました。
この料理は、喫食者分の紙カップを用意し、それぞれに一個ずつ卵を割り入れる作業があります。
この際、気を付ける点は卵の殻の混入です。通常は、ボウルに一度割って殻の有無を確認してから紙カップに移す工程を加え、混入防止策をとります。
しかし、これでは卵の下に殻があった場合、発見が困難になります。殻の混入を何としても防ぎたい!その想いで改善策を考えました。

そこで使用したものが、この透明カップです。透明カップに割り入れることで、上、横、底からと全方位から殻の混入の有無を確認することができるようになりました。

 

 


「ピザ風ココット蒸し」は殻の混入0で提供することができました。
上から見ただけでは気付かず、下から見た際に確認できた殻はなんと470個中10個もありました。
全体の2%ではありましたが、未然に取り除いて異物混入0という結果が得られたことを嬉しく思います。
実はこの 卵の殻を透明カップで確認する方法は、以前別の学校で編み出されたものです。
当社では各学校より生まれる“現場力”を会社全体で共有する仕組みを揃えています。
その内の一つにTeachme Bizがあります。
これは現場力の取り組み報告書がパソコンやスマホでいつでも確認することができる機能です。
こうして「これは自分の学校でも実践してみよう」などと全社水平展開されています。