image
image

新着情報

【食育給食】たけのこご飯を食べた日に本物のたけのこを展示、小学生は「毛が生えていて、動物みたい」と驚きの声

2021.06.29

葉隠勇進株式会社は4月21日、給食調理の委託を受ける東京都内の小学校にて、たけのこをテーマにした「食育」を実施しました。給食に、たけのこご飯を提供した日に、本物のたけのこを展示するコーナーを作りました。調理された食材がどのような姿かたちをしているのかを五感を通じて体験することで、子ども達が食材を身近に感じ親しみを持ってもらうための食育の取り組みです。

葉隠勇進の食育

葉隠勇進では、学校給食受託企業として安全・安心で真心のこもった美味しい「食育給食」を提供しています。学校給食は「教育」の一環として、将来を担う子ども達の健全な「体」と「心」を育てます。『食べ物を残さないことが究極の食育』の認識のもとに、野菜の型抜きやスマイルカットなど、一手間かけた愛情いっぱいの給食で残菜の減量に努めています。児童・生徒が食に対する興味を持ち、正しい知識と食習慣を身につけることができるよう協力しています。

食育テーマは「たけのこ」

たけのこをテーマにした食育では、まず給食でたけのこご飯にして提供しました。さらに、その日、校内で「本物」のたけのこや皮をむいたらどうなるのかといった展示をしました。展示をすることになった背景は、例年であれば、授業内で子ども達にたけのこの皮をむいてもらい「食育体験」としていたのですが、今年度は感染症対策の為、授業は実施できませんでした。そこで、「代わりに何かできないだろうか」と考え、実際にむいた皮や半分に切ったたけのこを展示することにしました。
休み時間になるとたくさんの子どもたちが駆けつけてくれ、「毛が生えていて、動物みたい!」「1つのたけのこから、こんなに皮がむけるの?!」「今日の給食に入っていたたけのこは、こんな形をしていたんだね!!」など、様々な感想が寄せられました。初めて生のたけのこを見た子もたくさんいましたが、「本物」を展示することで、子どもたちは見て、触って、匂いをかいで、貴重な経験をしてもらうことができました。

葉隠勇進の栄養士前田さんコメント

「新型コロナウイルスの影響で新しい学校生活様式を求められています。以前通りのことができない状況の中で、いかにして子ども達に食に関することを伝えられるのか。今回たけのこの展示をすることで普段はできない貴重な経験をさせてあげられたと思います。また、先生方からは、『展示がすごい!』とお褒めいただきました。今後も子ども達のためにできることを見つけ、食育を進めていきたいと思います」。

 

<!-- SATORI tag -->